新着RSS
ゲーム情報RSS速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)この記事に拍手する

携帯型ゲーム機メーカー、3G接続機能の追加を協議

docomo ■NTT docomo 他社と違う方向で対抗か?!
  国内通信社最大手の NTT docomo がゲーム開発
  社に対し、3Gネットワーク通信機能を追加するように
  協議していたことが分かりました。
  詳細情報は、 「続きを読む」 からどうぞ!!!
  (写真は、NTT docomo の山田隆持社長)








 


 同社の山田隆持社長は7日のインタビューで、ゲーム機メーカーは携帯型ゲーム機を進化させるために無線通信機能が必要であることが分かっていると指摘した上で、同社がこの問題についてさまざまな企業と協議していることを明らかにした。同社長は具体的な企業名を挙げることは控えた。

 市場で人気の携帯型ゲーム機である、任天堂の「ニンテンドーDS」とソニーの「プレイステーションポータブル(PSP)」は、Wi-Fi(ワイファイ、無線LAN)に対応しているが、3Gネットワークへの接続機能はない。両社はNTTドコモと協議を行っているかについて、コメントを拒否した。

 アマゾンの電子書籍端末「キンドル」やアップルの多機能端末「iPad(アイパッド)」をはじめとして、3Gネットワークへの接続機能を追加し、Wi-Fi接続ができない場所でもインターネットのコンテンツやサービスにアクセスできるようにする機器の数は増えている。

 端末に3G接続機能を追加することによって、通信業者は新たなデータ収入源を得る。またゲーム機メーカーは、重要なソフトやセキュリティー上の修正をユーザーによる更新に頼らずに、ユーザーに届けることができる。

 任天堂は、近く発売予定の「ニンテンドー3DS」の新機能の一つが、既存モデルよりも無線通信機能を強化したことで、使用していない時でも、 3DS同士で自動的に通信したり、インターネットに接続したりすることが可能になるとしている。接続方法の詳細については明らかになっていない。

 先月ロサンゼルスで開催されたゲーム業界の見本市「E3」で、3DS開発チームを率いる紺野秀樹氏は、今後通信事業者と協議する可能性があると述べたが、それ以上は明らかにしなかった。

 一方、関係筋によると、ソニーは携帯型ゲーム機、電子書籍端末、それにネットブックパソコンの特徴を合わせ持つ携帯型端末を開発している。ソニーの電子書籍端末には既に3G接続機能があるが、開発中の携帯型端末が通信事業者のネットワークを使用するかどうかは不明。同社は差し当たってはPSPを改良する計画を発表していない。

 東海東京調査センターのアナリスト、角田佑介氏は、ゲーム機メーカーが通信事業者と協議しているという話について、ゲーム機メーカーが簡単なゲームのダウンロードが可能なスマートフォン(多機能携帯電話)から圧力を感じていることの表れだと述べた。同氏はゲーム機とスマートフォンのような携帯通信端末との差があいまいになってきているとし、その差が時間の経過とともになくなっていく可能性があると指摘した。
ウォール・ストリート・ジャーナル より引用 。




任天堂の「ニンテンドー3DS」では、このようなことはありえないような気がしますが
ソニーの場合、PSP携帯を開発しているぐらいなので、次世代携帯ゲームである
PSP2(仮名称)などに3G通信機能が追加されてもおかしくはありませんね!!!



今後の情報に期待したいともいます!!!



情報源:ウォール・ストリート・ジャーナル


[ 2010/07/08 18:30 ] 新型ゲーム機 | TB(0) | CM(0) この記事に拍手する
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL



スポンサー
お名前com
検索フォーム
当ブログについて

【運営責任者】
・k.kingdom

 何かありましたら上記に
 ご連絡下さい。

ブログランキング

1日1回のクリックを
お願い申し上げます。
広告1
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。