新着RSS
ゲーム情報RSS速報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)この記事に拍手する

CFW 5.00 M33-8 リリース

久しぶりにこの名前見ましたね。
しかし、導入はお勧めしません!

なぜならば、キングダムハーツが動きません。
M33-6からあまり進化をしていないようです…。
PSP-3000にも対応しましたが、PSP-1000で実験したところFWに戻されました!
絶対に導入しないでください!

2333


私と同じ被害者に、なりたい方は、「続きを読む」をクリックしてください。

【続きを読む】
スポンサーサイト

[ 2010/01/11 18:02 ] CFW M33 CFW 5.00 M33 | TB(0) | CM(7) この記事に拍手する

PspStates Experiment v2 for PSP SLIM 5.00 リリース

pspcfw500-1.50-3
dark_alexより、PspStates Experiment v2 for PSP SLIM 5.00がリリースされました。
私は、これをはじめて説明します。
なので、何のために、使うのと思われる方もいらっしゃると思うので、一応、簡単に
説明しておきます。
ISO/CSO/UMDでゲームをしているとき、いつでもセーブできる機能です。
なお、PSP-2000でしか使えません。

【変更点】

・「LOAD STATE」のバク修正です。

・スリープモードに移行しようとしても、すぐに電源(復帰)するバク修正です。

・ゲームごとに SAVE STATE を行う機能 ( Local State ) の追加。
・・・違うゲームを起動したときには、そのゲームのデータしか使えないようになりました。

・ SELECTボタンを押しながら操作した際は、別のゲームを起動して
  いてもロードができるようになりました。

【用意するもの】
 PSP-2000 (CFW 5.00 M33導入済みのものに限る。)
 PspStates Experiment v2 for PSP SLIM 5.00 こちらから
 
【導入方法】
①ダウンロードした「PspStates Experiment v2 for PSP SLIM 5.00」を解凍し、
  「seplugins」をクリックし、「SAVESTATE」と「pspstates.prx」を
  メモリースティックの中の「seplugins」にいれる。
  (MS→seplugins→SAVESTATE)となるようにする。
  (MSは、「メモリースティックの略」 「seplugins」がない場合は、作成してください。)

②「PspStates Experiment v2 for PSP SLIM 5.00」のなかの「seplugins」を
  クリックして、「game.txt」をメモリースティックのに入れます。
  (MS→seplugins→game.txr となるようにする。)

③リカバリーモードを起動します。(一度完全に電源を切って、Rボタンを
  押しながら電源を入れてください。)

④起動したら、「plugins-> 」で×ボタンを
  押してください。

⑤「pspstates.prx [game] 」に×ボタンを
  押して、「Enabled」にしてください。

⑥そのあとに、○ボタンを何回か押して、起動時の画面にし、一番下の
  「Exit」で×ボタンを押して、
  リカバリーモードを終了させてください。
 
これで、ISO/CSOの場合の導入は完了です。
↓は、たいへん危険な方法です。改造になれてない方は、やらないほうがいいと
 思います。最悪の場合には、電源がつかなくなります。

UMDでもやりたい人は、リカバリーモードを起動して、「Advanced ->
で×ボタンを押して、「Toogle USB (flash0)」で
再び、×ボタンを押してください。
「pspstates_experiment2」のフォルダに入っている「umdcache.prx」を
「flash0」の「kd」フォルダ内に上書きコピーしてください。
flash領域の書き換えは非常に危険です。間違えた場合、
電源がつかなくなる場合があります。

以上で終了です。
なお、UMDで使用する際は、XMB(電源をつけた起動する画面)で「SSELECT」を
長押しし、「UMD ISO MODE」を「Normal」にする必要があります。



 



[ 2008/10/19 09:29 ] CFW M33 CFW 5.00 M33 | TB(0) | CM(3) この記事に拍手する

1.50 Kernel addon for CFW 5.00 M33

pspcfw500-1.50-1

5.00 M33 の 1.50カーネルが出ました。
旧型PSP(PSP-1000)でしか使えないので注意してください
pspcfw500-1.50-2


【用意するもの】
PSP-1000 CFW 5.00 M33導入済みPSP
150k_addon5.00.rar こちらから
公式アップデータ FW 1.50 (インターネットで検索してダウンロードしてください。)

【導入方法】
①150k_addon5.00.rarを解凍する。

②「150k_installer」をGAMEフォルダに入れる。(MS→PSP→GAME→150k_installer)

③MSに公式アップデータを「150.PBP」にリネームしていれる。

④XMBのメモリースティックから起動します。

⑤起動して英文がでてきたら×を押します。

⑥自動的にXMBに戻ったら成功です。


[ 2008/10/19 08:25 ] CFW M33 CFW 5.00 M33 | TB(0) | CM(0) この記事に拍手する

PSP CFW 5.00 M33

pspcfw500-3

早くも、CFWがリリースされました。
【変更点】
・FW 5.00のアップデート内容を対応
・XMBのCPUクロック変更時、明るさを一番下の「0」にしたときCPUクロックが 
 222Mhzにリセットされるバク修正

【用意するもの】
 PSP-1000/2000 CFW3.52 M33 以降が入っているPSP
 PSP CFW 5.00 M33 こちらから
 公式アップデータ FW5.00 こちらから 

【導入方法】
①ダウンロードしたCFW 5.00 M33(500M33.rar)を解凍すると、「UPDATE」
  フォルダがでてくるので、
  メモリースティック→PSP→GAME→UPDATEとなるようにする。
  (GAMEフォルダの中に入れる)

②ダウンロードした、FW5.00をリネームして、「500.PBP」にする。
  メモリースティック→PSP→GAME→UPDATE→500.PBP
  (UPDATEフォルダの中に入れるということ)

③メモリースティックから、「アップデート ver5.00」を起動する。

④英文が出てきたら、×ボタンを押す。

⑤あとは、従来と変わらない方法なので、従来どうりのアップデート方法に
  従ってください。

⑥自動で再起動した後、本体情報が「5.00 M33」になっていれば完了です。
pspcfw500-2

個人的な意見ですが、PSP-3000に関しては、CFWが入れれるようになったら入れる
と思っている方は、通常のアップデート(FW 系統)のアップデートをせずに、箱の中へ
封印することをお勧めします。
入れれるようになったら、買おうと思っている方は、今のうちに買っておいたほうが良い
と思います。
なぜならば、PSP-3000のCFWの改造開発は、初期基盤をベースに作っています。
なので、今買っておいたら、ほぼ100%改造できると思います。
pspcfw500-1
↑の機能を使った方は感想やコメントをください。


[ 2008/10/18 07:53 ] CFW M33 CFW 5.00 M33 | TB(0) | CM(18) この記事に拍手する



スポンサー
お名前com
検索フォーム
当ブログについて

【運営責任者】
・k.kingdom

 何かありましたら上記に
 ご連絡下さい。

ブログランキング

1日1回のクリックを
お願い申し上げます。
広告1
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。